タコラジ!!ジャケットのコピー.jpg ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
※当ブログの内容を無断で転載、および利用することは禁止させていただいております。
(ポッドキャストのダウンロードは個人で楽しむ範囲での利用をお願いいたします)
podcastジャケットには『フロップデザイン』さんのフリーフォントを使用させていただきました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2013年01月16日

タコラジ!第65回その3:〜タコラジ的GOTY2012、エンディングトーク、そして伝説へ〜


いままで本当にありがとうございました!
きっとまた新しい番組でおっさんトークしに帰ってきます。(予定)

posted by ナヴェ at 22:35| Comment(3) | タコラジ!:podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タコラジ最終回聴きました。
唐突に終わりの宣言がでたところは思わず笑ってしまいましたが。

そういえば、最近インファマスをやっていて、攻略や感想のブログないかなと探していたら、ナヴェさんが過去にやっていたブログがたまたまヒットしました。
そこでも最後の記事に、「ポッドキャスト自分もやりたくなったので、はじめました」ってさらっと書いててあっさりとブログが終わっていましたね。

長年ポッドキャストを聴いている身ですが、自然消滅が大半な番組が多い中、きちんと終わらせて次にいく人はそう多くないと思います。
やるのもやめるのも自由な趣味の世界なので、自分できっちり区切り付けて次のアクションに移れるのは素敵ですね。

次にやることもがんばってください。
Posted by サワダ at 2013年01月17日 11:56
扱ってくれそうなのはゲーム事変さんかアマプロさんかな、と思っていたネタ
最終回と聞きこちらに付けさせて頂きます。

あちこちで良い感想しか聞かない風の旅人。
ですが自分も合わないクチでした。
何が合わないのかずっと考えて底に溜まった澱はこんな感じ。

プレイした印象、一言で言うなら
「無題」の展示物ばかりの美術館に行った気分
でした。

特別展や企画展に惹かれて行った美術館でよくあるのですが、
その美術館の通常展示物の多くが無題っていうことが多いんですよね。
近年の作品になればなるほど。

制作には何かしら意図やインスピレーションのようなものが有るはずと思うのですが
経歴も制作の変遷も、作者の事を何も知らない部外者には何が何だかw
作品番号10。。。ナルホド分からんw
作品番号17。。。何があってこうなったwww
見たままを感じ取ってほしいという意図なのかもしれませんが
突き放された印象しか残りませんでしたね。

風の旅人も同じ匂いを感じます。
制作側の貧困を鑑賞側のイマジネーションに頼ってる。
削いで空白なんじゃない。始めっから空白。
宇宙と真空は違うんだよな。空密だからわずかな衝撃で劇的な変化が全体に及ぶのに。
・・・訳が分かりませんねw

俺は○○を観てこれを創作した。これを見てお前の内に生じるのは何だ?○○か?××か?それとも?
が芸術の創作の熱い所と思うのですけどね。
手抜きをアートとするのは私は認めません。
そんなモノは無い方がマシとも。

まとまっていない駄文、失礼しました。
滾ってきたらまたw
Posted by 御蛙(みかえる) at 2013年01月17日 21:22
自分のいろいろな用事やゴタゴタで、ポッドキャストを聞くどころか、ゲームもできない状態で、やっと落ち着いたと思ったらタコラジ!最終回・・・・

とても残念です。
今までありがとうございました
そして長い間お疲れ様でした。

またいつかお待ちしてしています!!
Posted by ゲーム美容師 at 2013年01月21日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。